ASTRAYファンネル

ニュータイプへの覚醒を目指すオタWEBディレクターのオールレンジなブログ

冷房だけでなく暖房もやはりエアコンは「つけっ放し」のほうが節約できる!?

三菱重工 ビーバーエアコン 冷房時おもに10畳用 《2015年モデル TSシリーズ》 単相100V ファインスノー SRK28TS

夏場のエアコンの冷房はつけっぱなしにしたほうが気温と消費電力が安定していて、こまめにオンオフするより、電気代が安くなるそうですが、冬場も同様に安くなるようです。

「エアコンはつけはじめとしばらくたったあとでは、消費電力が5倍近く違うのでこまめに消すよりはつけっ放しのほうが電気代が安くなる可能性があります」(同氏)

 

和田さんによると、エアコンはつけはじめの10~20分くらいの間がもっとも消費電力が高くなるそう。そのあとの消費電力は、テレビよりも低くなる 可能性があるのだとか。ただし、使用しているエアコンや室内と室外の温度差によっても異なるので、必ずしもつけっ放しが良いとは言えないとのこと。

 

ちなみにエアコンの風量については自動運転がいいそう。電気代を抑えるために、微風や弱風などに設定しがちだが、風量が弱いと部屋が暖まるまでに時 間がかかり余計に電気代がかかってしまう。風量を自動にしておけば、最初はいっきに部屋を暖め、その後は室温を維持するように消費電力を抑えながらの運転 に切り替わる。

 エアコンは「つけっ放し」がいい? 冬の暖房費の節約法 | All About News Dig(オールアバウト ニュースディグ)

夏場も自分は家にいる時は大抵つけっぱなしですが、電気代が凄く上がったこととかないので、冬も同様のやり方が良さそう。