ASTRAYファンネル

仮想通貨・スマホ・ライフハックなどオールレンジなブログ

スマホを取り付けてVRが楽しめるヘッドマウントディスプレイって目の細胞がガンガン死にそう

f:id:ast-ray:20150613021543j:plain

Samsungの『Gear VR Innovator Edition』とかGoogleの『Google Cardboard』といったスマホを取り付けて気軽にVRが楽しめるヘッドマウントディスプレイってあるけど、あれって目に相当良くないんじゃなかろうか。

スマホから出るブルーライトが目の細胞を死滅させる

ブルーライトとは青色の照明光のことです。人が見ている光は「可視光」と呼ばれ、380nm~780nmの間と言われています。その中でブルーライトは380nm~495nmの青色領域の光を指しています。

ブルーライト測定器特集「3分でわかるブルーライトのお話」

スマホやPCのディスプレイからは「ブルーライト」という波長が380~500nmの領域にある青色光が発生しています。

ブルーライトは見える光の中では最も波長が短かく、エネルギーが強いため目の奥の網膜にまで届いてしまうそうです。

そのため、ブルーライトが網膜や中心部の黄斑にまで届くと目の痛みや疲れが起こり、細胞が死滅していくことで、視力低下の原因となる加齢黄斑変性症になりやすくなるのだそうです。

普段使っている時以上に、目の前で画面を見るわけだから、もうブルーライト直撃なわけじゃないですか。

 

(((((( ;゚Д゚))))))ガクガクブルブル

 

使うならブルーライトカットの液晶フィルムとか必要ですね。

ブルーライトカットの液晶フィルム