アストのファンネル

仮想通貨・スマホ・ライフハックなどオールレンジなブログ

マネーロンダリング対策などの不備でビットフライヤーなど仮想通貨交換業者に改善業務命令へ

f:id:ast-ray:20180619204240j:plain

金融庁が仮想通貨交換業者の大手ビットフライヤーをはじめとする5社以上に改善業務命令を出す方針だそうです。

処分の対象はビットフライヤー、QUOINEなど5社以上

金融庁は19日、仮想通貨交換業者のビットフライヤー(東京都港区)など複数社に対し、週内にも改正資金決済法に基づく業務改善命令を出す方針を固めた。いずれも金融庁の審査を通過した登録業者で、マネーロンダリング(資金洗浄)対策など内部管理体制に不備が判明した模様だ。

仮想通貨交換業者に改善命令へ 資金洗浄対策不備

今回処分の対象になるのは、ビットフライヤー、QUOINE、BTCボックス、ビットバンク、ビットポイントジャパンなど。

さらにテックビューロやGMOコインに再度処分が検討されているようです。

仮想通貨交換業者の対応がまだまだ不足しているようで、これによる市場への影響が出てくるのか気になるところです。