アストのファンネル

仮想通貨・スマホ・ライフハックなどオールレンジなブログ

ヤフーはビットアルゴ取引所東京への資本提携で仮想通貨に参入、「Kraken」は日本市場撤退へ

f:id:ast-ray:20180418205221j:plain

ヤフー株式会社が子会社であるZコーポレーション株式会社を通じて株式会社ビットアルゴ取引所東京に資本参加をし、仮想通貨事業に参入することが発表されました。

サービスの開始は2018年秋の予定

ARG(アルゴ) - ビットコイン取引所

本日、当社は、ヤフー株式会社(以下、ヤフー)の100%子会社であるZコーポレーション株式会社(以下、Zコーポレーション)からの資本参加を受入れることを決定いたしました。
当社はZコーポレーションに対して第三者割当増資を実施すると共に、当社の親会社である株式会社シーエムディーラボ(以下、シーエムディーラボ)はZコーポレーションに対して株式譲渡を行います。
なお、本資本参加により、当社はシーエムディーラボの子会社であるとともに、Zコーポレーションの持分法適用会社となります。

ヤフーが資本に入ることによってヤフーグループのセキュリティや運営ノウハウを活用したサービスを目指していくことになりそうです。

マネックスがコインチェックを買収しましたが、金融庁の登録の敷居が上がっているため、今後も大手が他の取引所などに対して同様な形で参入してきそうです。

 

その一方で「Kraken」は日本市場撤退へ

日本居住者向け仮想通貨交換業サービスの廃止について

その一方で、サンフランシスコに拠点を持つ仮想通貨取引所のKrakenはみなし業者状態でしたが、日本市場は撤退へ。

日本でのサービスは6月までとなります。

要因は日本が認めている仮想通貨以外を取り扱っている点で、Krakenとしてはやはりそこを日本のためだけに止めるというわけにはいかなかったのでしょうね。

コインチェックも正式な登録のためにDash、Monero、Zcashは取り扱いをやめる方向になりそうです。