アストのファンネル

仮想通貨・スマホ・ライフハックなどオールレンジなブログ

ZaifやGMOコインも!金融庁が仮想通貨取引業者への行政処分を発表、ビットステーションは業務停止に

f:id:ast-ray:20180308212450j:plain

金融庁がみなし業者も含め、仮想通貨取引業者へ7社に対して行政処分を発表しました。

業務停止命令を受けた取引業者

■ビットステーション

資金決済に関する法律第63条の15第1項に基づく報告及び立入検査により当社の業務運営状況を確認したところ、100%株主であった経営企画部長が、利用者から預かった仮想通貨(ビットコイン)を私的に流用していた事実が認められており、同法第63条の11(利用者財産の管理)及び同法第63条の10(利用者の保護等に関する措置)に違反するものとして、本日、以下の内容の業務停止命令及び業務改善命令を発出した。

ビットステーション株式会社に対する行政処分について:財務省東海財務局

 

■FSHO株式会社

資金決済に関する法律第63条の15第1項に基づく報告及び立入検査により当社の業務運営状況を確認したところ、複数回にわたる高額の仮想通貨の売買にあたり、取引時確認及び疑わしい取引の届出の要否の判断を行っていない。
また、取引時確認を検証する態勢が整備されていないほか、職員向けの研修も未だ行っていないなど、社内規則等に基づいて業務が運営されているとはいえない。当社は、仮想通貨交換業の適正かつ確実な遂行を確保するために必要な措置を講じておらず、同法第63条の10(利用者の保護等に関する措置)の違反などが認められたことから、本日、以下の内容の業務停止命令及び業務改善命令を発出した。

ビットステーション株式会社に対する行政処分について:財務省東海財務局

 

業務改善命令を受けた業者

■テックビューロ株式会社

資金決済に関する法律第63条の15第1項に基づく報告及び現時点までの立入検査により当社の業務運営状況を確認したところ、当社では、システム障害や、不正出金事案・不正取引事案など多くの問題が発生している。しかしながら、経営陣は、その根本原因分析が不十分であり、適切な再発防止策を講じておらず、顧客への情報開示についても不適切な状況となっていることから、本日、以下の内容の業務改善命令を発出した。

テックビューロ株式会社に対する行政処分:財務省近畿財務局

 

■GMOコイン株式会社

資金決済に関する法律第63条の15第1項に基づく報告及び立入検査により当社の業務運営状況を確認したところ、仮想通貨交換業の業容が急激に拡大する中、システム障害事案が頻発しており、根本原因分析は不十分であり、適切な再発防止策が講じられていないことが確認されたことから、本日、以下の内容の業務改善命令を発出した。

GMOコイン株式会社に対する行政処分について:財務省関東財務局

 

■株式会社ミスターエクスチェンジ

資金決済に関する法律第63条の15第1項に基づく報告及び立入検査により当社の業務運営状況を確認したところ、多くの仮想通貨を取り扱い、かつ業容が拡大する中、内部監査の未実施など、法令等遵守や適正な業務運営を確保するための実効性ある経営管理態勢が不十分であるほか、利用者財産の不適切な管理実態なども認められたことから、本日、以下の内容の業務改善命令を発出した。

株式会社ミスターエクスチェンジに対する行政処分について 財務省福岡財務支局

 

■バイクリメンツ株式会社

資金決済に関する法律第63条の15第1項に基づく報告及び立入検査により当社の業務運営状況を確認したところ、内部監査の未実施など、法令等遵守や適正な業務運営を確保するための実効性ある経営管理態勢が不十分であるほか、利用者財産の不適切な分別管理や帳簿書類の一部未作成なども認められたことから、本日、以下の内容の業務改善命令を発出した。

バイクリメンツ株式会社に対する行政処分について:財務省関東財務局

 

■コインチェック株式会社

資金決済に関する法律第63条の15第1項に基づく報告、同法第63条の16に基づく業務改善報告、立入検査により当社の業務運営状況を確認したところ、取り扱う仮想通貨が内包する各種リスクを適切に評価しておらず、例えば、マネー・ローンダリング及びテロ資金供与リスクなど各種リスクに応じた適切な内部管理態勢を整備していなかったことに加え、昨年秋以降、業容が急激に拡大する中、業容拡大に応じた各種内部管理態勢及び内部監査態勢の整備・強化を行っていないことが判明した。
これは、取締役会において顧客保護とリスク管理を経営上の最重要課題と位置付けておらず、経営陣の顧客保護の認識が不十分なまま、業容拡大を優先させたことによるものであり、また、監査役も機能を発揮していないなど経営管理態勢及び内部管理態勢等に重大な問題が認められたことから、本日、以下の内容の業務改善命令を発出した。

 コインチェック株式会社に対する行政処分について:財務省関東財務局

 

コインチェックはこれで2回目となります。

今回の内容を見る限り、昨年の仮想通貨ブームの加速もあって申込みが殺到したのもあったとはいえ、ずさんな管理が多く見られるようですね。

ビットステーションなどは悪質なので停止処分は当然ですね。

テックビューロとか今後も頑張って欲しいので、今回の処分命令で気を引き締めて改善してほしいですね。

 

コインチェックは今回の改善命令を受けて記者会見しましたが、後ほどまとめます。

 

また下記以外の業者は仮想通貨は取り扱えないので、見知らぬ業者からの取引には注意してください。

仮想通貨の登録業者一覧(16業者)

  • QUOINE
  • テックビューロ
  • ビットフライヤー
  • ビットバンク
  • マネーパートナーズ
  • SBIバーチャル・カレンシーズ
  • GMOコイン
  • DMMビットコイン
  • ビットトレード
  • BTCボックス
  • ビットポイントジャパン
  • ビットアルゴ取引所
  • ビットオーシャン
  • エフ・ティ・ティ
  • フィスコ仮想通貨取引所
  • Xtheta

 

みなし業者の一覧(16業者)

  • みんなのビットコイン
  • ペイワードジャパン
  • キャンプファイヤー
  • バイクリメンツ
  • 来夢
  • ビットステーション(今回業務停止処分)
  • ブルードリームジャパン
  • 東京ゲートウェイ
  • LastRoots
  • deBit
  • コインチェック
  • Mr.エクスチェンジ
  • BMEX
  • ビットエクスプレス
  • エターナルリンク
  • FSHO(今回業務停止処分)