アストのファンネル

仮想通貨・スマホ・ライフハックなどオールレンジなブログ

BainaceのGOX疑惑騒動、コインチェックからNEMを盗難した犯人がダークウェブでのマネーロンダリングで売れ始める

f:id:ast-ray:20180109032622j:plain

Binance」の長時間メンテでGOXではと一時ざわついた仮想通貨界隈。

結局は問題なくメンテだった模様。

取引量も凄いし、メンテも大変そうですね。

 

 そしてコインチェックからNEMを盗難した犯人が本格的に動きだしたようで。

f:id:ast-ray:20180208030940j:plain

何者かが日本語でDASHと交換するよう持ちかける

NEMにはメッセージを添付して送金できるようで、犯人に対して何者かがDASHでマネーロンダリングすることを持ちかけていることが判明。

メッセージ内容

 

「こんにちは。すみませんお詫びがあります。。匿名ネットワークで取引所を経由している最中に、メッセージを暗号化して送ってしまい、着金に送れが発生してしまいました。少し時間がかかるかもしれません。。ただ洗浄のルートは確立できましたので、次回からはスムーズに行えるかと思います。取り急ぎ、DASHの送金確認をするために、こちらのアドレス(Xr6maJSptxgD6NRBRqnv4YwsqoJvhLc7iB)へ、0.01DASHをお送りしました。着金が出来ているかのご確認をお願いします。

コインチェック盗難NEM、匿名コイン「DASH」で資金洗浄か ダークウェブで交換持ちかけも

しかもメッセージが日本語であることから、日本人の可能性、少なくとも持ちかけた人、そして犯人も日本語が理解できている可能性が高くなりました。

さらに犯人は各アドレスに対して15%引きで売るよとメッセージを送ってるようです。

そして購入者が出始めた模様。

これは嫌な展開ですね、これで逆に足取りがつかめるといいんですが。