ASTRAYファンネル

仮想通貨・スマホ・ライフハックなどオールレンジなブログ

COMSAの追い風となるか!?メタップスの「タイムバンク」がICOの実施を検討

f:id:ast-ray:20171007235316j:plain

佐藤航陽氏のメタップスが時間取引所「タイムバンク」に関して、テックビューロのCOMSAを利用したICOの検討を開始したようです。

COMSAでのICOは年内、遅くても2018年夏までの実施を検討

2017年のICOによる世界の調達額が合計2,500億円を超え、トークンによる新たな経済圏を形成しています。その金額にばかり目が行きますが、ICOによるアセットのトークン化はその流動コストを大幅に下げるとともに、国境を問わずその利用圏を一気に世界に拡げる可能性を持っています。

今回は、世界から既に19万人以上の登録ユーザーを有するテックビューロのCOMSAソリューションを用いて、タイムバンクにてICOを実施することによって、時間の概念をブロックチェーン技術でトークン化することにより、更なる利用マーケットの拡大と時間の流動化を目指します。
 
タイムバンクで取り扱う全時間の平均価格と連動したトークンや、利用実績に応じて各種の手数料の割引が受けられるトークンなど、サービスの成長と連動して利用者の利便性を向上できるような機能を想定しています。

メタップスの時間取引所「タイムバンク」がテックビューロの「COMSA」でICOの実施を検討開始 ~時間の概念をブロックチェーン技術でトークン化し更なる流動化の実現へ~

トークンセールが開催したCOMSAですが、プレミアムウォーターホールディングス案件は一旦取り下げられ、CAMPFIREともお互いの不一致によりキャンセルとなったため、現状ICO案件は一つもない状態となっています。

今後ICO案件は増えてくるでしょうが、今回のメタップスによるタイムバンクのICO検討はCOMSAの追い風となるかもしれませんね。

COMSAトークンの購入方法はこちらから

www.nt-a.net