ASTRAYファンネル

仮想通貨・スマホ・ライフハックなどオールレンジなブログ

デュアルカメラ搭載で3万円台!「ZTE BLADE V8」が5月25日に発売!

f:id:ast-ray:20170523021957j:plain

ZTEから、デュアルカメラ搭載でありながら3万円台とコスパの高いスマートフォン「ZTE BLADE V8」が発売されます。

リフォーカスできる1300万画素と200万画素のデュアルカメラ

f:id:ast-ray:20170523022334j:plain

BLADE V8の特徴は1300万画素と200万画素のデュアルカメラ、撮影後にボケを調整することができるリフォーカス機能を搭載しています。

ZTE BLADE V8には「マニュアル」、「パノラマ」、「美肌加工」、「スーパーナイト」、「長時間露光」、「オーバーレイ」、「タイムラプス」、「スローモーション」の8種の撮影モードに対応しています。マニュアルモードでは、シャッター速度、ISO、露出補正、ホワイトバランス、ピントなどを簡単に調整できるため、一眼レフカメラのようにこだわりのある写真を簡単に撮影できます。

また、5.2インチのフルHD(1920×1080) IPS液晶ディスプレイによって、色彩とコントラストを高い次元で再現し、思い出をより美しく残すことができます。

本体正面下部の指紋センサーで、スリープ状態から最短0.3秒でロックの解除が可能なため、最高のシャッターチャンスも逃しません。

[ZTEジャパン] リフォーカス機能で撮影後にボケ効果を調整可能、ZTE、デュアルカメラ搭載の『ZTE BLADE V8』を5月25日から発売 - ZTE Japan

OSはAndroid 7.0、ディスプレイは5.2インチ(1920×1080)で、CPUはSnapdragon 435のオクタコア。

メモリは3GBで、ストレージは32GBとなっています。

デュアルカメラといえば、iPhone 7 PlusやHUAWEIのMate 9などもありますが、価格帯は5万円以上しますが、「ZTE BLADE V8」では3万4800円となっています。

その代わり、他の端末ではある光学ズームは残念ながらないようです。

とはいえ、デュアルカメラによるボケ効果などがこの価格帯で利用できるのはいいですね。

発売は5月25日からとなっています。