ASTRAYファンネル

仮想通貨・スマホ・ライフハックなどオールレンジなブログ

Appleが次のMacにARMチップを搭載?バッテリー駆動時間の改善が狙い!?

f:id:ast-ray:20170204015742j:plain

アスト(@astray_funnel)です。

次のMacではなんとARMチップが搭載されるかもしれません。

チップの搭載は低電力モードのため!?

BloombergによるとAppleがコードネーム「T310」というARMベースのチップを開発しており、Power Napなど低電力モードをインテルのCPUの代わりに低消費電力なARMベースのチップで稼働させることでバッテリーの持続時間を伸ばすことを狙っているとのこと。

2016年モデルのMacBook Proではバッテリー駆動時間が短いという指摘が上がっていましたが、新型のチップによってそれが改善されるかもしれませんね。